パソコンの基本的な操作をはじめ、初心者に役立つパソコンの情報などを綴っています。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.31
ブルースクリーンが表示され、かつ、「Cheacking file system on c」と出力され、操作を受け付けないというケースがあります。

「Cheacking file system on c」はシステムチェックが行なわれていることを表し、終了するまで操作はできません。環境によってチェックに必要な時間にかなりの幅があり、一概にどの程度時間を要するのか断言はできません。

システムチェックが終了すると、Windowosが自動的に起動します。
スポンサーサイト
2010.01.26
Windowsの動作を高速化させるためにはメモリの増量やHDDの整理などが挙げられますが、視覚効果を減らすことで動作を若干軽くすることもできます。

視覚効果とは壁紙やマウスポインタなどの影などの演出部分であり、Vistaでは3D化などが挙げられます。ここではXPでの設定変更方法を説明します。


▼視覚効果を減らす手順
1.マイコンピューターを右クリックしてプロパティを選ぶ。
2.詳細設定タブより、パフォーマンスの項目の設定を押す。
3.視覚効果タブより、パフォーマンスを優先にするを選択する。

以上です。効果は微々たるものかもしれませんが、他の設定と合わせる事で大幅に動作が快適になる場合もあるようです。
2010.01.22
「特殊アイコン」とは、「マイコンピューター」や「ドキュメント」、「ごみ箱」などのアイコンを指します。一度消してしまい再度表示させる必要があった場合、通常のファイルとは違った操作が必要になります。


▼「特殊アイコン」の表示方法
1.デスクトップで右クリック → プロパティ
2.「画面のプロパティ」画面より、「デスクトップ」タブ → デスクトップのカスタマイズ
3.「デスクトップ項目」で表示するアイコンを選択。

以上で、特殊アイコンを表示させることが可能です。
2010.01.19
拡張子はファイルの種類を識別するために、ファイルの語尾につけられた文字列のこと。拡張子が表示されていると、そのファイルがどんなものであるのか判断できます。

しかし、Windowsの標準の設定状態では、ファイルの拡張子は表示されないようになっています。

拡張子の表記があった方がファイルの管理が便利な場合もあります。


▼拡張子表示方法
1.フォルダを開いて『ツール』 → 『フォルダオプション』
2.『表示』タブ → 「詳細設定」の『登録されている拡張子は表示しない』のチェックを外す
3.『適応』

以上の操作でファイルごとに拡張子が表示されるようになります。
2010.01.14
Windowsが搭載されたパソコンを起動したときの「ようこそ」画面を表示させないようにすることで、簡易ログインを表示させないようにすることもできます。

これにより、複数設定されたユーザー名も表示させなくすることが可能なので、パスワードを設定していない場合でもセキュリティ強化が得られます。


▼設定方法
1.コントロールパネル → ユーザーアカウント →ユーザーアカウント → ユーザーのログインやログオフの方法を変更する。
2.「ようこそ画面を使用する」のチェックを外す → オプションの適応。
2010.01.11
パソコンから音が聞こえなくなってしまった場合、もしくは音量の調整をしたい場合、コントロールパネルからサウンドに関するプロパティ画面を呼び出しましょう。


▼音量の調整
1.コントロールパネル → サウンド、音声、およびオーディオデバイス → システム音量を調整する
2.「音声」タブより、「デバイスの音量」のツマミで音量を調整しましょう。
※ここの「ニュート」にチェックが入っている場合、音が出ません。
2010.01.07
左利きの人がマウスを使用した場合、通常の設定だと操作しづらいものです。

操作しやすいようにマウスのボタンを左右切り替えて自分に合った環境にしてみましょう。


▼マウスボタンの切り替え
1.コントロールパネル → プリンタとその他のハードウェア → マウス
2.「ボタン」タブを選択し、「ボタンの構成」にある『主と副のボタンを切り替える』にチェック
2010.01.04
デフォルトのマウスポインタの大きさでは見難いという場合、ポインタのサイズを変更可能してみましょう。また、大きさの変更以外にもデザインも変更可能です。


■マウスポインタの変更方法
1.「コントロールパネル」 → 「プリンタとその他のハードウェア」 → 「マウス」を選択
2.「ポインタ」タブ → 「デザイン」のプルダウンメニューをクリックして好みのものを選択

以上の操作で手軽に変更可能です。
2010.01.02
ファイルやフォルダなどを開く時にはアイコンをダブルクリックしますが、クリックの速度の影響でうまく開かないという場合もあるようです。

クリック速度は人の体感によるものなので、個々でピッタリの速度を調整することでストレスなく作業も進むことでしょう!


■クリック速度の変更方法
1.「コントロールパネル」より「プリンタとその他のハードウェア」を選択。
2.「マウス」を選択して「ボタン」タブを開く
3.「ダブルクリックの速度」で調整可能。

以上です。好みの速度に変更してみましょう。
2009.12.29
「ブルースクリーン」と呼ばれる青い画面が表示さえ、Windowsが起動できない状態になると、システムが不安定になっている証拠です。「ブルースクリーン」が表示された時にはシステムに重大なエラーが発生している可能性があります。

発生時は、Windows上で作業をしている時、PCを起動した時など様々であり、作業中に表示されてしまった場合には保存していないデータは失われてしまいます。


▼対処方法
『Ctrl』 + 『Alt』 + 『Delete』を押しても反応がなければ、再起動しましょう。

一時的に復旧し、再起動後も度々ブルー画面が表示される場合には、ブルー画面が表示された時点より前の時点に復元したり、バックアップをとりましょう。最悪の場合にはリカバリーが必要となります。

検索フォーム
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。