パソコンの基本的な操作をはじめ、初心者に役立つパソコンの情報などを綴っています。
--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.01.19
拡張子はファイルの種類を識別するために、ファイルの語尾につけられた文字列のこと。拡張子が表示されていると、そのファイルがどんなものであるのか判断できます。

しかし、Windowsの標準の設定状態では、ファイルの拡張子は表示されないようになっています。

拡張子の表記があった方がファイルの管理が便利な場合もあります。


▼拡張子表示方法
1.フォルダを開いて『ツール』 → 『フォルダオプション』
2.『表示』タブ → 「詳細設定」の『登録されている拡張子は表示しない』のチェックを外す
3.『適応』

以上の操作でファイルごとに拡張子が表示されるようになります。
2010.01.14
Windowsが搭載されたパソコンを起動したときの「ようこそ」画面を表示させないようにすることで、簡易ログインを表示させないようにすることもできます。

これにより、複数設定されたユーザー名も表示させなくすることが可能なので、パスワードを設定していない場合でもセキュリティ強化が得られます。


▼設定方法
1.コントロールパネル → ユーザーアカウント →ユーザーアカウント → ユーザーのログインやログオフの方法を変更する。
2.「ようこそ画面を使用する」のチェックを外す → オプションの適応。
2010.01.11
パソコンから音が聞こえなくなってしまった場合、もしくは音量の調整をしたい場合、コントロールパネルからサウンドに関するプロパティ画面を呼び出しましょう。


▼音量の調整
1.コントロールパネル → サウンド、音声、およびオーディオデバイス → システム音量を調整する
2.「音声」タブより、「デバイスの音量」のツマミで音量を調整しましょう。
※ここの「ニュート」にチェックが入っている場合、音が出ません。
2010.01.07
左利きの人がマウスを使用した場合、通常の設定だと操作しづらいものです。

操作しやすいようにマウスのボタンを左右切り替えて自分に合った環境にしてみましょう。


▼マウスボタンの切り替え
1.コントロールパネル → プリンタとその他のハードウェア → マウス
2.「ボタン」タブを選択し、「ボタンの構成」にある『主と副のボタンを切り替える』にチェック
2010.01.04
デフォルトのマウスポインタの大きさでは見難いという場合、ポインタのサイズを変更可能してみましょう。また、大きさの変更以外にもデザインも変更可能です。


■マウスポインタの変更方法
1.「コントロールパネル」 → 「プリンタとその他のハードウェア」 → 「マウス」を選択
2.「ポインタ」タブ → 「デザイン」のプルダウンメニューをクリックして好みのものを選択

以上の操作で手軽に変更可能です。
2010.01.02
ファイルやフォルダなどを開く時にはアイコンをダブルクリックしますが、クリックの速度の影響でうまく開かないという場合もあるようです。

クリック速度は人の体感によるものなので、個々でピッタリの速度を調整することでストレスなく作業も進むことでしょう!


■クリック速度の変更方法
1.「コントロールパネル」より「プリンタとその他のハードウェア」を選択。
2.「マウス」を選択して「ボタン」タブを開く
3.「ダブルクリックの速度」で調整可能。

以上です。好みの速度に変更してみましょう。
2009.12.29
「ブルースクリーン」と呼ばれる青い画面が表示さえ、Windowsが起動できない状態になると、システムが不安定になっている証拠です。「ブルースクリーン」が表示された時にはシステムに重大なエラーが発生している可能性があります。

発生時は、Windows上で作業をしている時、PCを起動した時など様々であり、作業中に表示されてしまった場合には保存していないデータは失われてしまいます。


▼対処方法
『Ctrl』 + 『Alt』 + 『Delete』を押しても反応がなければ、再起動しましょう。

一時的に復旧し、再起動後も度々ブルー画面が表示される場合には、ブルー画面が表示された時点より前の時点に復元したり、バックアップをとりましょう。最悪の場合にはリカバリーが必要となります。
2009.12.26
場合によっては読み方がわからない漢字を入力しなければならない時もあります。

そんな時にはその感じの画数を調べることによって解決することができます。


▼漢字の出力方法
①言語バーのIMEパッドをクリック
②総画数を選択
③出力させたい漢字の画数を選択

するとIMEパッドにその画数の漢字の候補が表示されますので、目的の漢字を選択すれば出力することが可能です。
2009.12.22
「単位記号」というのはご存知の通り、「㎝」や「㎞」などの単位を表す記号です。

例えば「キロメートル」という単位なら変換することで表示させることも可能ですが、変換できなかった単位については「IMEパッド」を使う事で表示させることができます。


▼単位記号の出力方法
1.「IMEパッド」をクリック
2.「文字一覧」より、「単位記号」を選択
3.表示させたい記号を選択して「ENTER」を押す。

以上で出力完了となります。
2009.12.14
入力モードを確認するために「言語バー」を利用すると便利ですが、タスクバーやデスクトップから消えてしまうと現在の状況がわからなくなってしまい不便な場合も発生してしまいます。万が一「言語バー」が消えてしまったら再度表示させてみましょう!


■デスクトップやタスクバーに「言語バー」を表示させる
①『スタート』 → 『コントロールパネル』
②『日付、時刻、地域と言語のオプション』 → 『地域と言語のオプション』
③『言語』タブ → 『詳細』 → 「基本設定」の『言語バー』
④『言語バーをデスクトップ上に表示』と『言語バーアイコンをタスクバーで表示する』にチェック。

以上で「言語バー」を表示させることができますよ!

検索フォーム
カテゴリー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。